ことのは

募集中!【支援者のためのトラウマアートセラピー体験講座】

心理士および支援者のための講座を開催します!
今回の講師は、女性ライフサイクル研究所所長・西順子先生です。
「トラウマアートアートセラピー」の体験をさせていただくことになりました。

いじめ、DV、虐待、性暴力、事故、災害、など
過去のトラウマを抱えたまま生活しておられる方々を
理解し、支援していくためのエッセンスを
みなさまと一緒に学んでいけたらと考えております。
ご参加お待ちしております。

日時:平成30年1月21日(日)10時~12時半
場所:女性ライフサイクル研究所(天神橋筋六丁目、天満)
講師:西順子先生(女性ライフサイクル研究所所長)
参加費:5000円

★西先生よりメッセージをいただいております★
女性ライフサイクル研究所では、
女性のトラウマを癒すための臨床的援助の一つとして、「女性のためのセルフケアグループ」を開催しています。
このグループは、アートセラピーの手法を用いて、
トラウマによるストレス反応を理解し、苦痛を和らげエンパワーすることを目的としています。
また簡単なボディワークも取り入れています。
今回の講座では、臨床家(支援者)の方々に、「女性のためのセルフケアグループ」のアートブログラムを
一つ体験いただき、トラウマを扱う際のエッセンスを学んでいただければと思っています。


ご参加希望の方は
ことのは 北村由紀恵 kotonoha_sinri☆yahoo.co.jp(☆を@にかえてください)まで
お名前、ご所属、参加動機や期待することなどあればお書きください。
ご連絡お待ちしております。
ことのは 北村由紀恵
http://kotonoharu.exblog.jp/
https://www.facebook.com/kotonoharu/



[PR]



# by kotonoha_sinri | 2017-12-03 10:11 | おしらせ

【再掲】アサーションと自己信頼のワーク☆募集中☆

職場や身近な人達とのコミュニケーションについて、
また、自分自身とのつきあい方について、
一緒に振り返ってみませんか?

☆アサーションと自己信頼のワーク☆
日時:平成29年12月6日(水)10:00~12:00
場所:クレオ大阪中央 3階和室
   http://www.creo-osaka.or.jp/chuou/access.html
参加費:1000円
講師:北村由紀恵(臨床心理士)
申し込みはkotonoha_sinri☆yahoo.co.jp(☆を@にかえてください)まで

ことのは 北村由紀恵
http://kotonoharu.exblog.jp/
https://www.facebook.com/kotonoharu/
[PR]



# by kotonoha_sinri | 2017-11-29 22:43 | おしらせ

輪廻転生

昨日こころの「死と再生」「清め」について書いた後で
あるライブ動画を見ていた。
ジェームス・スキナーというビジネスのコンサルタント(スティーブン・R・コヴィーのベストセラー『7つの習慣』を日本に紹介した人らしい)と、
アイリーン・T・クーパーという、元キャリアウーマンで現在、国際的にコーチングをしている女性との対談。

ジェームスは、アジア圏に生活していることが多かったので”輪廻転生”という宗教観、哲学に触れてきたが、それがとても素晴らしい考えだと話していた。
死んで、また生まれ変わることができる。

ここでも「死と再生」の話題が出てきたなあと思いながら対談を聴いていた。
すると、
ジェームスが「余計なものがひとつある」と。
生まれて、生きて、死んで、また生まれ変わって、生きて死んで、生まれ変わって……
「死ぬのは余計じゃないか」と。アイリーンは大笑い。

続けてジェームスは、私達が毎晩眠って、次の日は起きて、と繰り返している生活を
「毎日死んで、生まれ変わっている。今日の自分は新しい自分」と話していた。

「10年前と同じ夫婦喧嘩をしている人たちがいる。これは何?」と。
前世の自分を持ってきてしまっている。今日の自分は新しく生まれ変わった自分なのに。

こんな自分、だめな自分、いつも何やってもうまくいかない自分…
それはずっと、昔の自分を引きずっているということ。
でも、人はいつだって生まれ変われるんだ。というのが今回のジェームスのメッセージなのだと感じた。

いくつになっても人間は変化します。
スムーズに変化するときもあれば、とても時間がかかったり、つらい思いを強いられることもある。
そんなとき、まわりの誰かに支えてもらうことも大事で、
ひとりっきりでがんばらなくてもいいのだと思う。
もし、安心できる誰かが今ここに見つからなければ、どうぞ
臨床心理士のいるお近くの相談機関を訪ねてください。
あなたが道を歩いている傍でそっと寄り添ってくれます。

[PR]



# by kotonoha_sinri | 2017-11-06 00:07 | 心理

祓い清め

『にほんのきれいのあたりまえ』(きれいのデザイン研究所編著、フィルムアート社)という本の中の
河合俊雄先生と鎌田東二先生の対談を読んでいた。
【日本のこころと未来】というタイトルの対談。

日本神話に出てくる”きれい”とは”清浄”であり、
イニシエーションにおける”清め”なのだと。

河合先生は、西洋のイニシエーションが「獲得する」(例えばドラゴンと戦って姫を手に入れる)のに対し
日本のイニシエーションは「身から落としていく」祓い清めであると言い、それを受けて
鎌田先生は、神道のイニシエーションは、死と再生がモチーフであり、
魂のダイメンション(様相)を切り替えるためのきっかけや仕掛けが必要であると言っている。

一時期流行した「断捨利」というのも身から落としてシンプルにしていく、もっといえば
身の回りを清めていくということなのだろう。

生きていると何かしら人生の転換期というものが、望むと望まざると関係なくどこからかやってくるような気がする。
それで魂の様相の切り替えが起こる。(切り替えが起こるので転換期がやってくる、という方が正しいのか)

そこでは、今までの様相を身から落としていかねばならない。
これまでと同じようにはいかないのだ。今までの価値観、考えを一旦捨てる。
これまでの私の「死」である。
死がなければ再生はない。

例えば。
子育ての相談を申し込んでこられる母親の話をきいていると、
それは一見子どもの相談のようであって、その背後には
母親自身の変容がテーマと感じられることが多い。
子どもの相談事は、母親の魂の様相を切り替えるためのきっかけだ。

彼女はこれから、今まで保持していた自分の世界を崩壊させる。
相談室の中で、涙を流し(清め)、怒りの言葉を吐く(捨てる)。
そして自分や子どもを縛っていたかもしれないものを身から落とす。
当たり前と思っていたものを身から落として古い自分が「死ぬ」という作業は
実際には心が大きく揺れて葛藤に苦しむ。

人が生きて前に進んでいくということは、
身にまとっていたものをどんどん落としていくことなのかもしれない。
ときどきおもしろいものを拾って楽しむこともありながら。

[PR]



# by kotonoha_sinri | 2017-11-04 21:03 | 心理

☆参加者募集中☆アサーションと自己信頼のワーク

職場や身近な人達とのコミュニケーションについて、
また、自分自身とのつきあい方について、
一緒に振り返ってみませんか?

☆アサーションと自己信頼のワーク☆
日時:平成29年12月6日(水)10:00~12:00
場所:クレオ大阪中央 3階和室
   http://www.creo-osaka.or.jp/chuou/access.html
参加費:1000円
講師:北村由紀恵(臨床心理士)
申し込みはkotonoha_sinri☆yahoo.co.jp(☆を@にかえてください)まで

ことのは 北村由紀恵
http://kotonoharu.exblog.jp/
https://www.facebook.com/kotonoharu/

[PR]



# by kotonoha_sinri | 2017-10-30 20:12 | おしらせ

こんにちわ。カウンセリングルームことのはです。お知らせや、日々のことを書いています
by カウンセリングルームことのは
プロフィールを見る

最新の記事

募集中!【支援者のためのトラ..
at 2017-12-03 10:11
【再掲】アサーションと自己信..
at 2017-11-29 22:43
輪廻転生
at 2017-11-06 00:07
祓い清め
at 2017-11-04 21:03
☆参加者募集中☆アサーション..
at 2017-10-30 20:12

検索